2009年1月16日 (金)

長寿だな~

まえにも紹介したノコギリクワガタ君がなんと年を越しちゃいましたよ!
凄くないですか!?  金さん銀さんも真っ青な長寿。  
朽木割りじゃない採集個体で、暖房もさしてつけていない部屋で飼育してコレは信じられません!
いったいどのくらい生きるつもりなんでしょ・・・。
P1160111

 

| | コメント (4)

2008年12月 2日 (火)

童貞くん!?

職場でオイラが飼っているノコギリクワガタくんたちは、なんと12月になるのにまだ元気に生きている!  
夏に野外で採集してきた個体はすでに交尾を終えていることが多く、遅くても9月頃に死んでしまうのが普通。 
職場は暖房をつけていないのでけっこう寒いのに・・・。 う~ん、不思議だ。
もしかするとノコくん達は“まだ童貞くん”かもしれない。 きっとそうだ。  動物にとってSEXっていうのはメチャクチャに体力を消耗することだからね。  ♂だけで飼育していたからな。  ゴメンよ、オイラのせいで清い体で死んでいくんだね・・・。
Pc020150


 

| | コメント (5)

2008年9月11日 (木)

このオカマ野郎が!

まいどぅ~、みなさん元気かね?  最近雨が多くて読書ばっかりしてたんで更新さぼってました。 今日は大人向けのネタなんで子供はさっさと寝るように! 

職場でカブトムシとノコギリクワガタを飼っているんだけどコイツ等がやばい。 何がやばいかって・・・下の写真を見るなり!

Kabuto

そうなんです。 こいつ等はなんとホモだったのだheart  携帯で撮った写真だと分かりづらいけど、ただ乗っかっているだけじゃないぞ~。     

ノコ 「おいカブト、俺もう我慢できね~よ」。 「頼むよ、1回だけいいだろ!」 

カブ 「実は俺もオマエのこと・・・」 

ノコ 「そうか、それじゃ遠慮なく行かせてもらうぜ」

カブ 「ちょっ、ちょっと待ってくれ」

ノコ 「どうした」

カブ 「ゆっ、ゆっくり頼む・・・」

ふっくらとしたカブト君の魅惑的なボディに我慢できなくなったノコギリ君はその猛り狂ったクワガタ自身をおもいっきり突き立てた。

カブ 「いっ、痛い。」

ノコ 「大丈夫、すぐ良くなる」 

痛さと気持ちよさの入り混じった初めての感覚がおもいきりカブトの体を貫いた。

カブ 「きっ、きくわ~」

さ~て、くだらない事を書いてないでさっさと寝よう。 今日は虫の世界にも変態がいるって言う勉強でした。

*頼むから母ちゃんコレ見ないでくれよ(笑)

| | コメント (8)

2008年8月13日 (水)

笑うがいいさ!

P8090722

「でかいヒラタクワガタが捕れる聖域(サンクチュアリ)があるんすよ~」ってトシちゃんが言うもんでお邪魔してきた。

彼が見つけた聖域は、例年は川を渡らないとたどり着けない某河川の中洲にある。 今年は流れが変わったらしく渡渉は無し。 しかし、頭上より高く茂る草むらをカキワケカキワケ行くのである。 だいぶしんどいので一般人は行けないだろうな(笑) 

虫捕りは史上最強の格闘技である! これはまぎれもない事実だ。  山をさまよい、ヤブをこぎ、木に登り、毒虫と戦う。 マムシだって、大スズメバチだって、ツツガムシだっている。 その昔、オオクワガタに滅茶苦茶ハマっていたことがあったけど、虫捕りに行くために筋トレをしまくっていた。 一晩中木に登りまくるための筋力が必要なのだ!

ほら、さっそくマムシ君のお出ましだ。

P8090718

わかる人にしかわからないけど、ボクの使っているカメラはオリンパスのμ795SW それで夜間にこの下の写真を撮ろうとするとスーパーマクロLED・モードを使うしか方法がないんだよね。 ってことは生きてるマムシの鼻先5cmくらいの距離でないとこの写真は撮れないわけだ。 どう、凄くない!?

まあ種明かしをすると、このマムシは気絶させてあるんだけどね。 こいつらの習性を知っていれば簡単なことなんだけど、一般人はノリでまねしないように! 

P8090716

セミが羽化していたよ

P8100726

目的のヒラタクワガタは残念ながら捕れなかったけど、ノコギリやコクワ、カブトムシがいて楽しませてくれた。 近々リベンジだな

P8100729

しかし虫捕りってのはいくつになっても楽しいね。 最高の遊びだ!

さてさて、ブログを見ている人達にたまにはサービスしちゃおうかね。 夏休み特別企画・変態たちの恥ずかしい写真☆   これはヤバイよ、本当に恥ずかしいから・・・見た人は必ず忘れてください!

じゃ~ん、本邦初公開。 たぶん中一の私です。  何だよこのおっさんくさい眼鏡! 本気で勘弁。 頼むからオマエは消えてくれ(笑)

P8120742

どうかね? お腹いっぱいになったかね?  何、まだ足りない?  では特別にもう一枚

たぶん19歳で北米縦断中。 しかし飽きもせずに本当にチャリばっか乗ってんな~。 どう見てもコレもおっさんだろ・・・恥 

P8120746

ワシばっかり恥ずかしくて頭にきた。 よしっ、こいつもいっちまえ!

パラリラ・パラリラ~! 今回の相方である。  意外と身近にこの系統の人が多かったりします。 私は一般人なのになぜ寄ってくる(笑)   こんな格好してたくせに昔から虫好きで、特効服のポケットには街灯の下で拾ったクワガタを入れていたらしい(笑)

P8100740

そして今

P8100738

いや~、今回は大盤振る舞いだったな。 楽しめたでしょ!?

| | コメント (6)

2008年7月29日 (火)

連休2

連休最初の2日間を使って南アルプスを歩いてきたわけですが、帰りしなにまだまだ遊び足りないのに気づきました。 とっさに思いついたのが『虫取り』 。 またまた発作的なのですが、どうしてもミヤマクワガタとアカアシクワガタが捕りたくなってしまい・・・。 思い立ったら吉日、南アルプスから車を走らせること100kmくらいの某ダム湖に移動。 

さすがに今日下山してきてそのまま移動したので、疲れていないと言えば嘘になります。 本来ならヘッドランプを灯して夜の山を徘徊するところですが、今日は明かりに集まってきた虫たちを観察して楽しむことに。 

実はここまでの移動中に雷雨をくらってしまい、虫捕りは半ば諦めムードだったのですが良い意味で期待を裏切ってくれました。

P7200660

じゃ~ん。 小ぶりですがミヤマ君がいました。  なんて凛々しいお顔をしているんでしょう! やっぱり素敵です

P7200667

コクワのメス。 他にも何匹かクワガタがいましたが、ミヤマのメスは撮影しようとしたら飛んで逃げてしまいました。

P7200664

他の甲虫系はカミキリやゾウムシ、コガネムシ、カナブンが少々。 どう考えてもアカアシクワガタには時期が少し早かったようです。

P7200651

P7200658

P7200659

P7200666

P7200670

甲虫以外もたくさん遊びに来てました。 女の子がキャーキャー騒ぎそうなルックスをしている奴も中にはいますが、こうして並べてみるとそれぞれが味わい深い形をしていますな。 萌え~!

| | コメント (5)

2007年9月 4日 (火)

喰われちまったのか?

Dscn0190_2 あんだけ大騒ぎしていたクツワムシの声が聞こえなくなった。 気になって隣の家との隙間を覗いてみたら、満足そうな顔をしたコイツがいた。 

わずか50cmの家と家の隙間にも熾烈な人生の縮図が見え隠れ。はたして私はどっちなのだろう・・・。  

| | コメント (11)

2007年8月31日 (金)

騒音がヒドイ!

夏が大好きな私としては夏と秋のはざ間は寂しい季節。 ヒグラシの声や夕焼けに染まる羊雲を見るたびに何となくセツナクなるものである。 認めたくはないが、きっとこの雨が終わると本格的な秋である。 秋が始まる。

秋といえば『鳴く虫たち』。 鈴虫やマツムシ、閻魔コオロギなんてのが有名だが私の住んでいるS区は原っぱがないのであまり見れない。 子供の頃は海まで行けば少しばかしの緑があったが今は公園を除くと皆無に等しい。 したがって最近一番身近な鳴く虫は「青マツムシ」なのだ。 もともと日本にいなかった外来種で環境変化に強く、都内ほとんどの街路樹の上で鳴いている。 高い所にいるので姿を見ることは少ないが「リーリーリー」と鳴いているのを聞いたことがある人は多いはず。 コイツは可愛い声で鳴くのでタイトルにある「騒音」には当てはまらないのだが、最近我が家をピンポイントで狙って騒音を出しているふとどきな輩がいる。

「クツワムシ」の野郎だ。 こいつはとにかくウルサイ。 「ガチャガチャ、ガチャガチャ」汚い音でまくし立てる。 隣の家のクーラーのファンが壊れて騒音を出していると思っていたのに正体はこいつらだった。 隣人が観葉植物を植えたのだが、どうやらそれについてきたらしい。 私の住んでいるS区でクツワムシを見つけるのはかなり困難なことだと思う。 何しろ虫好きの私が子供の頃から家の周りで見た記憶が一切ない。 見つけたときは正直少し嬉しかったが、今となっては道路工事の連中と何ら大差ない。 コレを書いている今も窓の外では「ガチャガチャ」と大騒ぎをしている。 しばらくは我慢の日々が続きそうだ・・・。

| | コメント (6)

2007年6月26日 (火)

夏だね

Dsc01609 山梨県某所にオオクワガタを捕りに行ってきました。

・・・残念ながら捕れませんでした。  穴を覗くとけっこうな確率でオオクワガタが潜んでいる秘密の木があったのですが、なんと伐採されていました。 ショックです。  林ではなくて民家の軒先近くに数本残っていたクヌギの木だったのですが・・・。  近くを流れる小川では源氏ボタルが飛んでいました。 そんな季節です。  

| | コメント (7)

2007年4月14日 (土)

お目覚めです!

Kuwa_1 気がついたら啓蟄(けいちつ)はとっくに過ぎていましたが、職場で飼っているコクワガタくんたちも最近は天気が良いと歩き回ってます。 今年の冬を乗り切った勇者は♂のコクワ4匹と1匹の茶羽ゴキブリくん(Akira)。 茶羽くんは夜な夜な職場に出現して運動会を開催していた所を無理矢理生け捕りして水槽に。

一時期は茶羽くんだけで5匹ほどいたのですが、昨年末に共食い大戦争が起きてAkira一匹になってしまいました。

Akiraは小さいけどかなりアグレッシブな動きをするので餌をあげるだけでドキドキもんです。 もし、ドキドキ大好きな変態アドレナリンジャンキーの人がいらっしゃいましたら、いつでもお譲りしますYO。 Akiraは100mを5秒フラットで走ります!

*啓蟄・・・暦上で虫どもが冬眠から覚めて出てくるとされている日   

| | コメント (6)

2006年10月16日 (月)

お別れ

Dsc00965 職場で飼っていたカブトくんが亡くなりました。

昼寝している同僚の口に突っ込まれたり、無理矢理ミヤマクワガタと対決させられたりと災難続きの人生であったかと思われますが、最後は安らかに眠りにつきました。 本来なら夏の終わりに死んでしまう所を、10月の半ばまで生きるという長寿記録を更新中であったために非常に残念でなりません。

心からご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD | FISH | KAYAK | MTB | SKI | その他 | わんぱくイベント | カナダ | 動画 | 子供キャンプ |